株式会社ダイカン
お客様サポート
会社案内映像

事業内容

焼却処理時に発生する余熱を利用する事を指します。 一般的には余熱を利用した“発電”が有名なサーマルリサイクルですが、 他にもさまざまな余熱の利用方法があります。 ダイカンでは焼却炉の立地条件や余熱利用の有効性を考慮し、 本社工場、堺事業所毎に適した2種類のサーマルリサイクル(自家発電と汚泥乾燥)を 実施しております。

乾燥汚泥の減量率:75% 焼却炉の余熱(約950℃)

内容と効果
汚泥に含まれる水分を蒸発させて約4分の1の量に減量します。また高温乾燥処理によって発生する臭気を帯びた気体は、焼却炉内に戻して高温で焼却分解することで、周辺地域に与える環境負荷を軽減することが出来ます。

 

発電能力:3300kw/h

内容と効果
焼却処理時にボイラで発生した蒸気は、蒸気タービンに供給され発電を行います。発電によって得られた電力により施設内の電力をほぼ全てをまかなう事で、間接的ではありますが、火力発電所で使用する原油の使用量を抑える事に繋がります。二酸化炭素の排出を可能な限り抑制し、低炭素化社会の実現に貢献致します。また、1時間あたり約1500kw発生する余剰電力は、電力会社に常時売電を行っています。

 

産業廃棄物の適正処理についてご相談・お見積りのご依頼は、下記連絡先までご連絡ください。


株式会社ダイカン 営業部 TEL06-6913-8666