株式会社ダイカン
お客様サポート
会社案内映像

事業内容

混合廃棄物といった様々な廃棄物が一体となっている産業廃棄物(以下、産廃)は、そのままの状態では適正な処理やリサイクルを行う事が出来ません。 選別作業を行い、廃棄物を種類毎に分類する作業が必要となります。

ダイカンの選別は、まず産廃を受入し屋外ヤードにて粗選別を行った後、 重機を使用して選別機のホッパーに投入します。 ホッパー投入後、篩にかけられた産廃はサイズごとに篩下、篩上に選別されます。 篩下はそのまま選別機下部にある出口へと送られ、篩上の産廃はコンベアライン上で手選別によって選別します。

選別は大別して可燃物、不燃物、再生物の3種類となり、物性に応じて適正な処理を行います。 可燃物は焼却処理を行った後、焼却残渣物を最終処分場にて埋立、もしくは再生物として残渣物をリサイクルします。 不燃物は最終処分場にて埋立処分、再生物は品目ごとにリサイクル先へと委託し、マテリアルリサイクルを行っております。

混合廃棄物が発生する排出事業者様としては以下のような業種がございます。
①建設業 ②解体業 ③埋設廃棄物
上記業種業態の企業様で、混合廃棄物の適正処理にご興味がおありの場合、
お気軽にご連絡ください。

処理能力 本社工場:800t/日 堺事業所:1,000t/日
許可品目 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず
金属くず、ガラスくず、がれき類(8種類)
内容 可燃物、不燃物、再生物の3種類に選別します。

選別フロー図




産業廃棄物の適正処理についてご相談・お見積りのご依頼は、下記連絡先までご連絡ください。


株式会社ダイカン 営業部 TEL06-6913-8666